トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

MixDoublesCurling

ミックスダブルスカーリング

 概要

  • ミックスダブルスは通常のカーリングと異なり、1エンド10投・8エンドで競われるゲームです。

 デジタルカーリングにおけるミックスダブルス

基本的なルール
ストーンの配置
  • 最初のエンドではランダムに選ばれたプレイヤがストーンの配置を決定します。
  • それ以降は前のエンドで得点しなかったプレイヤがストーンの配置を決定します。
  • 配置を決定するプレイヤには「PUTSTONE」コマンドが送信されます。
  • このコマンドを受け取ったプレイヤは「PUTSTONE 数字」を返してください。(数字は配置パターンを示す0,1,2,3いずれかの数字)
 0: Center Guard(配置プレイヤのストーンが手前・配置プレイヤが後手)
 1: Center Guard(配置プレイヤのストーンが奥・配置プレイヤが先手)
 2: Power Play(配置プレイヤのストーンが手前・配置プレイヤが後手)
 3: Power Play(配置プレイヤのストーンが奥・配置プレイヤが先手)
  • 2,3は各試合で1回のみ選択可能です。無効な配置を選択した場合は0が選択されます。
ストーンの配置パターン
  • ストーンが配置される座標は以下のようになります。

Mix Doubles (English)

 Overview

  • Each player delivers 5 stones, and each game will be scheduled for 8 ends.

 Mix Doubles in Digital Curling

Rules
Position of stones
  • The player who choose position will be choosen at random (in the 1st end).
  • The player which lost the last end will choose position (other ends).
  • '''"PUTSTONE" command will be sent to the player.
  • '''The player should return "PUTSTONE num" command. (num (0,1,2,3) represents the pattern of positions)
 0: Center Guard (guard stone is the player's, the player delivers the second stone)
 1: Center Guard (house stone is the player's, the player delivers the first stone)
 2: Power Play (guard stone is the player's, the player delivers the second stone)
 3: Power Play (house stone is the player's, the player delivers the first stone)
  • 2,3 can be choosen only once per match, 0 will be choosen if the number is illegal.
Pattern of stones
  • Coordinates of stones according to the image below.