トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

GPW杯コンピュータサイコロ将棋大会2019

結果/Results

総当たり戦を行った。(T)は時間切れによる勝敗を表す。

  • 棋譜 gpw2019-diceshogi.zip(60)
    ファイル名:(先手プログラム名)-(後手プログラム名).dsk

参加者/Entry

プログラム名/開発者

  • Ren/木元 颯人
  • ShioRamen/塩田 雅弘
  • ThunderBird/鳥越 湧真
  • TripleCrown/馬場 匠
  • yamada/山田 裕司

大会概要/Outline

  • 日程:2019年 11月8日(金)または9日(土)夜
  • 会場:箱根セミナーハウス (GPW会場)
  • 主催:電気通信大学 伊藤毅志研究室
  • 参加資格:自作のサイコロ将棋プログラム。コンピュータは持参すること。
         操作する代理人がいれば、開発者は不在でもよい。参加者または代理人は、GPW参加者とする。
         人間も参加可能とする。
  • 対局形式:参加多数の場合はスイス式、少数の場合は総当り。組み合わせは審判が決定する。
  • 棋譜保存形式 (DSK形式):詳細はこちら
  • 申し込み・問い合わせ
    • 申し込み期限:大会開始直前まで
    • 申し込み:こちらから申し込んでください。当日、会場でも受け付けますが、できれば、事前に申し込んで頂けると助かります。
    • 問い合わせ先:uec-55●freeml.com (●を@に変えてください)

 大会ルール

  • ゲームのルールはこちらのHYPERサイコロ将棋をご覧ください。
対局方法
  • 手入力による対戦
持ち時間 (人間)
  • 秒読み30秒
  • サイコロを振る時間を含む
持ち時間 (コンピュータ)
  • 10分秒読み10秒 (コンピュータ計測の時間を基にする)
  • サイコロの振る時間や手入力の時間は含まない
  • 思考時間を計測する機能がない場合やコンピュータ内臓の時計に疑義が生じた場合は、主催者が用意するチェスクロックを用いることもあります。

 プログラムが満たすべき条件

  • HYPERサイコロ将棋が指せること
  • 先手後手どちらでもさせること
  • 棋譜を記録として残せること
  • プログラムの思考時間を秒単位で表示できること