トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

GPW_2016

結果

大会結果
試合ログ

gpw16_log_tsuika.zip(88)
 gpw16_log.zip
 ログに抜けがあったため修正いたしました。(2016/11/11)

概要

 はじめに

  • 本大会は、第21回ゲームプログラミングワークショップ(GPW-16)のナイトセッションにおいて開催されます。

  日程

  • 2017年11月4日(金)・5日(土)夜

  場所

  • 箱根セミナーハウス (神奈川県足柄下郡箱根町仙石原845)(※軽井沢学習研修所になる可能性があります)

  参加資格

  • デジタルカーリングAIのプログラムで、公式クライアントを介して対戦が可能であること。
  • 終了後参加したプログラムのバイナリ、ソースコードを公開できること。
  • (希望があれば人間の参加も可とします)

  大会レギュレーション

対戦形式
  • 8エンドの総得点で勝敗を決める。
  • 6チーム以内ならば総当たり戦を行う。(参加チーム数により変更になる可能性があります)
  • 原則として人間の対戦はエキシビジョン扱いとし、AI同士のみで順位付けを行う。(参加人数により形式を変更する可能性があります)
延長戦について
  • 8エンドの総得点が同じ場合は延長戦(エクストラエンド)を行う。
  • 延長戦は以下の設定で新しいゲームとして行ないます。
    • エンド数: 1エンド(16投)
    • 持ち時間: 28秒
    • 先手後手: 最終エンドで得点したほうを先手とする。
プログラムについて
  • BESTSHOTコマンドで送信するショットベクトルのy成分の大きさの上限は33.7419とし、これを超える大きさのショットは無効とする。(y < -33.7419 の場合はx=0.0000, y=0.0000, angle=0のショットとして扱われる)
    • 乱数をかける前のベクトルの大きさをチェックします。乱数の仕様上、実際のショット(RUNSHOT)の値はこの上限を超えることがあります。
    • x成分の大きさのチェックは行いません。
  • 自分の手番でないときに資源を消費する行為の禁止メッセージ受信の際は1ループ毎に100[ミリ秒]のスリープを入れること。

  持ち時間

  • コンピュータ: 219秒
  • 人間: 制限なし

  シミュレータ

  乱数

  • 乱数には正規乱数を使用し、x軸の乱数はμ=0, σ=0.0725、y軸の乱数はμ=0, σ=0.2900とする。(クライアント上の乱数の設定は0.145となります。)

  大会で使用する予定の計算機のスペック

  • オペレーティングシステム:Windows 10 Home 64 ビット
  • プロセッサ:Intel(R) Core i3-6100U @ 2.30GHz (2Core 4Thread)
  • メモリ:16GB RAM

  参加申し込み方法、及び問い合わせ先(主催)

  • 【プログラムのみの参加】 dcurling.mori@gmail.com まで、以下の必要事項を記入の上、10月21日までにメールで申し込んでください。
  • 【人間の参加】 dcurling.mori@gmail.com まで、以下の必要事項を記入の上、11月4日大会開始前までにメール(または現地)で申し込んでください。
  • プログラムはこちらで動作確認をしますので、10月28日までに必ずメールで送ってください。

   ※現時点で大会参加予定の方はなるべく早めに申し込みをお願いします(申し込み時にプログラムが完成していなくても構いません)。

 大会全般のお問い合わせも上記メールでお受けします。
 主催:電気通信大学  伊藤毅志研究室

 <申し込みフォーマット>

  以下の参加フォームにご記入の上、メールでお申し込み下さい。

 (1)参加プログラム名(人間の場合はチーム名)
 (2)参加代表者の氏名
 (3)参加代表者のメールアドレス
 (4)その他、連絡事項(当日会場に来られない方は「プログラムのみの参加」とご記入ください)
 (5)プログラム指し手決定方法などプログラムの特徴に関する簡単な紹介文(AIの参加のみ)