トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

第2回UEC杯 in GATサイコロ将棋大会

結果/Results

  • ヘビー級:それぞれの表の左側が先手番での勝敗、右側が後手番での勝敗を表す。(T)は時間切れによる勝敗を表す。
  • ライト級:それぞれの相手に対する勝ち数を表す。

参加者/Entry

コンピュータ(プログラム名/開発者)

  • Three trees/伊藤 篤志
  • thinkingKiki/木村 勇太
  • Super Kog/若林 広志
  • Triple Crown/馬場 匠

大会概要/Outline

  • 日程
    • ライト級:2018年 3月3日(土)14:00-19:00, 決勝2018年 3月4日(日)14:30-16:00
    • ヘビー級:2018年 3月4日(土)9:00-13:00, 決勝2018年 3月4日(日)14:30-16:00
  • 会場:電気通信大学
  • 主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション
  • 参加資格:自作のサイコロ将棋プログラム。コンピュータは持参すること。
         操作する代理人がいれば、開発者は不在でもよい。
  • 参加無料
  • ライト級、ヘビー級共に1位〜3位まで、メダル贈呈。
  • 大会ルール:こちらのHYPERサイコロ将棋をご覧ください。
  • 棋譜保存形式(DSK形式):詳細はこちら

ライト級とヘビー級両方の参加可

  • ヘビー級
    • 対局方法:平手。先後それぞれ1局。総当り。勝ち数の総数で順位を決定する。
      • 持ち時間:10分秒読み10秒(サイコロの振る時間や手入力の時間は含まない) 
             ※コンピュータ計測の時間を元にします。
             ※思考時間を計測する機能がない場合やコンピュータ内臓の時計に
                疑義が生じた場合は、主催者が用意するチェスクロックを用いることもあります。 
             手入力による対戦とする。
             対局を先後1局計2局行う。
             2局目は持ち時間をリセットする。
             
    • プログラムが満たすべき条件
      • サイコロ将棋が指せること
      • 先手後手どちらでも指せること
      • 棋譜を記録として残せること
      • プログラムの思考時間を秒単位で表示できること
  • ライト級
    • 対局方法:平手。先後それぞれ50局。総当り。勝ち数の総数で順位を決定する。
      • 持ち時間:1分秒読み1秒 
             ※サーバー計測の時間を元にします。
               
    • プログラムが満たすべき条件
      • 以下のコードを改良したものを提出すること
      • 改良しても良いのは、search1.c、search2.c、header.hの50行目以降である。
      • 進行のために、search1.c、search2.cのどちらでも対応できるように、両方用意すること。
      • 対戦を行うパソコンのスペックはCPUが「Intel Core i7-6700K 4.00GHz」、メモリが16GBである。
      • 大会前日までに「uec-55●freeml.com」まで、ソースコードを送ること。 ※●を@に変えてください。
      • competition_ver1.1.zip(41) ※消費時間の変数をグローバル変数に変更しました。
  • 申し込み・問い合わせ
    • 申込み期限:2月22日(木)まで
    • 申込み: こちらから申し込んでください。
    • 問い合わせ先: uec-55●freeml.com (●を@に変えてください) 運営責任者:馬場匠